夫婦問題の不倫相談をする【ファミリートラブル解決】

トラブル解決をする

友人達が結婚をしてそのうちの数名は既に離婚をしていたりします。それほど、離婚が身近になっているというか我慢が限界にくるのが早い人がたくさんいるという印象です。女性が我慢がきかなくなっていているのもありますが、男性も非協力的で家庭を顧みない人が相変わらず多いのにも驚きです。今は無料で離婚相談を受け付けている所もあります。しかし、興味本位で離婚相談にいったり、旦那が浮気をしている可能性があるという疑わしいという意見だけで相談するのではなく、第三者にもわかりやすい証拠をもっていくとよいでしょう。

子供のいる夫婦が離婚をする際に、よく養育費や慰謝料や財産分与という言葉を耳にします。養育費は子供に支払われるお金になりますが、もし弁護士を立てて離婚調停をしたものが支払われなくなった場合、もう一度裁判をしなければならないかと言うとそうではありません。離婚調停の時にきちんとどうするかを先に決めておくことができるので相手と合意して強制執行できるようにしておくといいでしょう。弁護士に離婚相談したときにしっかりと聞いておくと後々困ったことにはなりません。財産分与で意見が分かれた場合、家庭裁判所に調停か審判を申し立てます。どう違うかと言うと、調停は調停委員を介して話し合いをします。審判は裁判所の判断を求めるものになります。最後に慰謝料ですが、慰謝料はいくら請求してもよく、額に規定がありません。しかし相手が支払える額でなければ支払われないので、一番いい方法は裁判所が認めてくれそうな最高額で裁判を起こすことです。