夫婦問題の不倫相談をする【ファミリートラブル解決】

原因を特定する

離婚して慰謝料を支払うようなことを避けるためにも、ありがちな離婚原因を知っておくことが大切です。 普通のご家庭で最も多い離婚の原因は家庭内での問題です。 夫が子供の子育てに積極的でない、共働きなのに家事を一切引き受けてくれない、セックスレス、夫の酒癖が悪い、価値観が違う、性格の不一致など離婚にはさまざまな理由があります。 新婚当初はとても仲の良かった夫婦が、子供が出来た途端に賭け事などにハマり家によりつかなくなる、子供の遊び相手になってくれることもあるがそれは気が向いた時だけでそれ以外のときにはまったく面倒を見てくれない、などが原因となって離婚につながるケースがよくみられます。 離婚を避けて慰謝料を支払うようなことを避けたいのならば上記のようなことをしないようにしてお互いがストレスを溜め込まないようにする必要があります。

さまざまな努力をしたとしても、離婚を避けられないこともあります。できれば慰謝料などのことでも揉めたくないものです。 慰謝料とはすなわちお金であり、法的にいえば、肉体的、精神的な苦痛を他人に与えたことに対する、代償として支払うことになるお金となります。 その金額も浮気などが原因の場合は200万円、家庭内暴力であれば300万円といったようなはっきりとした基準があるわけではありません。 慰謝料を決めるときには子供の有無や離婚後の自立できるまでの生活を支えるためにどの程度の金額が必要なのかなどをお互いに話し合いながら決めていくものです。 お金で全てが解決するというわけではありませんが、お互いに遺恨を残さないためにも、しっかりとした話し合いなどで解決をすることが大切になります。