夫婦問題の不倫相談をする【ファミリートラブル解決】

行動の問題

不倫の相談をする時におすすめなのが電話占いです。こちらのランキングを参考にしてアドバイスをもらえる先生を見つけましょう。

多くの人が抱える離婚の悩みは、コチラのカウンセラーが相談にのってくれます。本当に別れるべきなのか、冷静な判断ができるでしょう。

配偶者の不倫が発覚した場合、どのような行動を取るのが適切でしょうか。 自分の配偶者と離婚するかどうかに関わらず、不倫相手に対する慰謝料請求が可能です。 不倫相手に慰謝料請求をする場合には、一般的に法律のプロである弁護士に依頼する事が多いようです。では、どのようにして弁護士に依頼すれば良いのでしょうか。 まず弁護士への依頼は、相談という形で始まります。そして、この弁護士との相談の中で、不倫相手に慰謝料を請求できそうだという話になれば、正式に依頼します。 弁護士への相談は、各都道府県の弁護士会のホームページから弁護士検索ができるので、どの弁護士に依頼するか検討することができます。弁護士への相談は、通常、相談料が発生します。 市役所などで定期的に無料相談会が開かれているので、それを利用する方法があります。 また、経済的貧困などの一定の条件を満たしていれば、法テラスで無料相談を受けることもできます。

なぜ、自分で不倫相手への慰謝料請求をせずに、弁護士へ相談や依頼するのが一般的なのでしょうか。 まず第一に、手続きの煩雑さがあります。具体的には慰謝料請求するには通常、まず慰謝料発生の根拠や数額を記した書面を作成します。次にその書面を内容証明郵便を相手方に送付し、相手方が応じなければ裁判となります。 このように、一言で慰謝料請求と言っても、手続きは煩雑で、個人で行うには難しい側面があります。 次に、弁護士に不倫相手との交渉の窓口になってもらえる点が挙げられます。個人で慰謝料請求をすると、不倫相手とのやり取りは全て自分で行わなければなりません。自分で行うと、精神的苦痛や感情的になりすぎ、慰謝料請求の話が具体的に進まなくなってしまうことが多いようです。 以上のような理由から、弁護士に相談、依頼することが一般的であるようです。

法人税を節税したい方にオススメです。対策次第で、大幅にコストを抑える事ができちゃいますよ。詳しくはコチラから。


原因を特定する

離婚で揉めた場合には、どうして離婚するのかという原因が必要となってしまいます。原因が照明できないのであれば離婚を決定することは難しくなってしまいますから、事前に準備しておく必要があるのです。

Read more »

離婚のトラブル

離婚相談は、専門家に相談することが早期解決への道です。都道府県の弁護士連合会の無料法律相談など、無料で相談できる所がいくつかありますので、まずはそれらを利用して、できるだけ離婚問題に精通した経験の多い弁護士等を選びましょう。

Read more »


トラブル解決をする

離婚問題に遭遇したときには上手に離婚ができれば良いですが、財産や親権などを話し合えない場合は弁護士などに離婚相談をするといいでしょう。裁判をすることで養育費や慰謝料請求などが行えますが、まずは裁判所探しをしておく必要もあります。

Read more »